« 政界再編? | トップページ | 定額給付金(2) »

2009/03/06

定額給付金(1)


定額給付金が国会を通過して各自治体が対応に本格的に動き出した。
ある意味、国の財政が苦しい事を考えると将来の税収を先取りしただけのように私には思える。

しかし、今回の給付金が起爆剤になり、景気回復の「きっかけ」になれば「先取り」は「先取り」でも悪いことではない。
景気回復に効果的かどうかの予測が是非の分かれ道になるのだと思う。

私自身は「他の使い道」に比べて「効果的ではないだろう」と予測するから未だに賛成とはいえない。

いずれにしても、通過した以上は「このタイミング」での「他の使い道」は永久に実現しないので、結果がどう出ようが、その結果によってそれを評価することは難しい。
もし、何かしらの評価を可能にするのなら、この政策で「如何程の効果」が期待されるのかを前もって試算し、公表でもするしかなかろう。
そのようなことが無い限り、どんなに効果が無くても、「この政策を採らなければさらに景気は悪化していた」ともいえるし、逆にどんなに効果が出ても「他の使い道を採用していればより効果があったはず」ともいえる。
試算があれば、その試算の根拠を分析することができ、党派的な事情も浮き彫りになる。

あの政策とこの政策のどちらがより妥当であったかということは検証のしようも無いが、政策が当初期待した効果を上げたのかを知ることはそれだけで十分有益なデータになるだろう。
将来的な予測精度を上げることにもなると思う。

予測はどんなに精密に予測しようと「不測の事態」は発生するものだ。
まして今回のような世界的不況は予測を立てるのに参考にすべき信頼の置けるデータがそろっているわけではないのでなおさらだろう。
だからといって、「確定しない未来のことを予測するのは無益である」とするのは飛躍のしすぎだ。
それが無いと政策には何の根拠も必要なくなり何でもありになってしまう。

賛否両論は世の常であり、そのような賛否両論も、いずれどちらかを選択せざろう得ない。
だから、私がどんなに納得のいかない政策であろうと、その政策が採用されることも当たり前のように起こって良いことだと私は思うし、私が「こちらが良かった」という政策との比較評価も「水掛け論」や「後出しじゃんけん」にしかならないだろうとも思う。
しかし、「ある現状認識をして、それを根拠に予測を立て、妥当なアクションをとり、結果が出る」という一連の流れ自体は「政策を立案した者たち」の間に閉じた共有された価値観のレイヤー内で捉えることができる事態なのだから評価は可能なはずなのだ。
それを明らかにすることは政策を立案し実行するものの最低限の「誠意」であり「義務」なのではなかろうか?

そのような「不測の事態」をあらかじめ織り込みながらも、今できる最善の予測を立てる努力は必要で(人事を尽くして天命を待つ)、それを評価できる指標を残す仕組みも必要なのではなかろうか?


まだ、起こっていないことを試算して公表することは当然それが達成されなければ非難される材料を残すことになるのでリスクを伴う。
具体的に日本の政党政治で言うならば、敵対する政党に非難の口実を与えることになる。
でもこれは、相互的でありさえすればよいことであり、マニュフェストが次第に当たり前のようになってきたのと同じように、それが普通のこととして常態化すればいいだけのこと。
そして、今の日本を見れば、「不測の事態」をまったく考慮に入れないヒステリックなマスメディアの格好の餌食にもなるかもしれない。
これは、根拠や試算の好評が常態化すれば「不測の事態」も考慮に入れざろう得なくなるだろう。

試算や予測を予め公表して評価の指標を残すためにはクリアしなければいけない環境の成熟も同時に必要になるのだとは思うけれども、今のままでは政治に合理性は望めない。
国政は日本国内ではもっともマクロな領域(システム)である以上、国内のミクロなどんな問題よりも合理的であることが求められる。
マクロなものは、それがマクロであるというだけでミクロには様々な不合理を押し付けるのである。
それだけになおさらのこと「最大幸福」がなされるように「合理的」に「一般化」されなければならない。
政治家に自分の個人レベルや党派レベルのミクロな事情でマクロな仕事をされてはミクロな国民は不幸になるばかり。

|

« 政界再編? | トップページ | 定額給付金(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31221/44257787

この記事へのトラックバック一覧です: 定額給付金(1):

» 定額給付金めぐる庶民のホンネ [定額給付金 支給開始 笑顔の受給者]
あなたのホンネは・・・・「受け取る?」「いらない?」定額給付金額は対象者1人につき12,000円支給されることがようやく国会で決まりました。(基準日において65歳以上の者、及び18歳以下の者については20,000円です) 支給日については各都道府県によって違いがあるので確認しておいたほうがいいですね。もう北海道では給付が始まっているところがある(全国トップを切って定額給付金を支給開始する北海道網走管内西興部村)とテレビで報道�... [続きを読む]

受信: 2009/03/06 04:24

« 政界再編? | トップページ | 定額給付金(2) »