« なんと言ったら良いのだろう | トップページ | また・・だ »

2007/09/14

野に下るまでの間

立花隆氏のNikkeiBPの記事「週刊現代が暴いた“安倍スキャンダル”の全容」 を読んだ。
うわさには聞いていたけど、週刊現代が暴いたと言う安倍さんのスキャンダルはけして小さなスキャンダルではなさそうだ。

もしこれが事実ならば、私の前回のエントリーはかなりの「お人よし」だったということになりそうだ。
もし本当のお人よしになれるのなら本望なんだけど、お人よしになりきるのも難しいものだ。
なんでこんな人が首相に選ばれてしまうんだろうね・・・自民党の皆さん



ところで、次は福田康夫さんですか。
覚えてますよ、年金未納問題発覚時の鮮やかな幹事長辞任劇。
結果的に、その辞任が民主党の追及の手を鈍らせ、他の未納疑惑の閣僚達を救ったと私は思ってます。
小泉さんと政策が違うにもかかわらず、小泉政権の幹事長を長きに渡り淡々と隙を見せずに勤められたことも。

今の自民党の中ではまっとうな路線じゃないですか。
これまでのANAの右傾グループのイデオロギーも少しは修正されそうですから。
アジア外交もさらに安定するでしょう。
でもANAに期待してきた自民党支持者は落胆するでしょうね。
私は良いけど

でも、小泉・安倍内閣によって積み上げられた既成事実は放置されたままです。

今回の総裁選を見ても勝ち馬に乗り雪崩を打つ自民党の先生方の節操の無さは変わりません。

安倍さんを生んだのも、安倍さんの右傾を後押ししたのも、強行採決に加担したのも、今の国会麻痺状態が予想されたのに誰も国のために安倍さんの続投を体を張って止められなかったのも皆自民党の先生方です。

一息つけば、また亡霊のように現れるのではないですか・・・彼らが


福田さん、貴方だからお願いするのですが、自民党が野に下るまでの間、

行政機構の改革、別に反対しませんが、市場(民間)に投げ出すだけで済ますのはやめてください。
独立行政法人・特殊法人のような準行政機構の実態を透明化してください。
消費税のまえに、そろそろ十分な利益を上げ始めた法人(大企業)の課税率を見直してください。
以前のようなばら撒き、私も賛成するわけではありません、きめ細かに必要なところを見極め効果的な税金投入をしてください。
無制限な対米追従、少なくとも国家の体を保つぐらいの境界線は守ってください。
感情的な煽りを控えてください。
少なくとも改憲もしていない今、憲法を守ってください。
「テロとの戦い」を建前ではなく事実に基づいて検証をして展望をはっきり示してください。
強引に既成事実を積み上げないでください。
安倍総理が設置した各種お友達諮問機関を解消してください。

自民党に多くは望みませんが、この内容ならば福田さん御自身の基本政策路線から外れると言うことも無いでしょう。
解散総選挙までの自民党のお守りを頼みましたよ。

あ、まだ決まったわけじゃなかった・・・でも、国会が止まっているのだからメディアを独占しようなんてミミッチイ事しないでさっさと決めちゃってください。


【追記】本文中でも「もしこれが事実ならば」と少しかわした書き方をしておりますが、さらに公正を期すため、安倍さんの事務所側の言い分を記した日経スポーツの記事へのリンクを記すと共に、そこで述べられている部分を引用しておきます。[2007/9/15 21:20]


首相の事務所が週刊現代の取材に警告」2007年9月13日4時54分

事務所側は「当時の政治資金規正法は、あらかじめ届け出た指定団体が寄付金を取り扱うよう定めており、晋太郎氏は、個人で受けた寄付金を自分名義で指定団体に寄付していたにすぎない」と説明。「個人資産を寄付したというのはまったくの誤り」としている。

|

« なんと言ったら良いのだろう | トップページ | また・・だ »

コメント

はじめまして、「ねんきんどっとネット」と申します。
http://xn--w8j3ctfb.net/

個人サイトなのですが、このままでは、日本社会が崩壊するのは確実なので、なんとか「現状を変えると決めて」日々、しこしことサイト更新を行っています。


煽り立てるだけのマスコミは、問題が深刻化して“国民の半数以上が「悩みや不安」を持っている”状況を報道せざるを得なくなったようですね。

で、最近、ネットの分析をいろいろ見ていたら、衝撃の現実が見えてきました。

「小泉構造改革は、貧民を増やした中国の文革と構造的には同じだということです。」

おそらく同じ派閥の福田さんになったら、その言動からしても、アメリカ大使と密談している状況からしても、

国民の生活は、悪くなりこそすれ、良くならないでしょうね。

参考サイトです。
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/298799/

おじゃましました。m(_ _)m
 

投稿: 年金どっとネット | 2007/09/14 23:42

年金ドットネットさん コメントありがとうございます。
色々な情報を集めてられますね。
ひとつの出来事に色々な見方、立場があることが良くわかります。
これだけ世界そのものが混沌としてくると、国内の意見も多様になってきますね。
お邪魔させていただくこともあると思いますので、そのときはよろしくお願いします。

投稿: FAIRNESS | 2007/09/15 09:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31221/16448253

この記事へのトラックバック一覧です: 野に下るまでの間:

« なんと言ったら良いのだろう | トップページ | また・・だ »