« 我々が決める事 | トップページ | 法律とかルールとか倫理とか »

2006/05/25

偏見

感覚的な私は良く数学屋のめがねの秀さんのblogで論理についての概念を勉強させてもらっているのだけれど、その秀さんが珍しく感情のバイアスの掛かった記事を書かれていて、さらに、これもまた良くお邪魔する瀬戸さんのblogも多少関わっていたので気を揉みながら推移を見守っていた。
その後、秀さんは自らの誤りを認め、今もその誤りについて考察を続けている。
その考察は秀さんのものでありそれはそれでまた参考にさせていただきたいが、私は私でその後、自分に照らし合わせてしばらく考えこんでいた。
そこでの題材はフェミニズムであったが、それは「偏見」「差別」の話でもあるのでその事について感じたことを書いてみたい。


自分が直接関係していないと感じている偏見・差別(例えば白人と黒人の間に見られるものなど)に関しては気がつく事も理性的でいることもそれほど難しい事ではない。
その付属的なものとして、例えばアメリカ人が時折見せる矛盾の中に人種差別を「いけないもの」とするアメリカ人の「偽善」を見出すこともたやすい。

しかし、当事者として関わっている「偏見」に気がつく事は簡単な事ではない。
気付いたとしても「偏見」を「表わさない」ようにように振舞う事はできても、それだけでは必ずしも「偏見」を持っていないことを意味しない。
「偏見」はそれが観念から「一切」排除されて、意識の枠外に追いやる事ができたときに初めて無くなるものだと思う。
だから、頭で理解することともまた違うと思う。

既にその概念に浸されていた者がその概念に疑問を持ち、「偏見を持たないようにしよう」とか、「差別をしないようにしよう」とする「過程」ではその「努力」(意思といっても良い)そのものもまた「偏見」であり、「差別」である事を逃れることはできない。
(その意味では、今そこに観測される現象が偏見や差別の「問題」として観念される時、それを現実主義(現在主義)に基づいて「肯定」する限りはいつまでも「問題」であり、「差別」「偏見」でありつづける事を避けられそうに無い。)

しかし、この努力による「やせ我慢」とも思える「過程」を経ることなしに「偏見」が「気にとめる必要の無い差」に転換することはないと思う。言い換えると「偏見の解消」に直接達する事はよほどの強烈なインシデントが無い限りありえないのではないかと思う。

江戸時代の「身分」による「差」を、明治初期に「差別」という「問題」として観念して以来、当時の日本人には恐らく相当の(それを受け入れる為の)「やせ我慢」がそこにはあったのではないだろうか?
その「やせ我慢」の努力の結果、その次代にはその意識が先代よりも薄められ、その次代にさらに一層その意識が薄められ、そしてやっと(まだ不十分かもしれないが)現代の私たちが持つ「身分の差」に対する感覚にまで達しているのだと思う。
それが普遍性を保てるか、本当にいいことかどうかは、これからの変遷を見てそれが歴史になるまでは分からないのだが、少なくとも今を生きる私たちの(少なくとも私の抱く「私たち」の)理念に「概ね」沿っていて、その恩恵も感じているならば意識の改革は可能であり、かつ有意義なのだとしていいと思っている。

現実主義(現在主義)を標榜すれば、それ(やせ我慢)は「偽善行為」であるとか、現在そこにある概念に対する「思考停止」を強制するものだとする事も「可能」であるかもしれない。
それゆえ、現実を肯定する事の容易さ、起こりやすさに身を委ねてしまう可能性もある。
でも、「問題」が人に「理不尽」を感じさせる「何か」である限り、その解消は意義のあることであり、その為には「偽善」も必要な過程であると私は思う。
それを「偽善」や「思考停止」であることが事実であるから(実際に事実なのであるが)それは「純粋でない」「間違い」であるとして告発するならば、その概念を駆逐することもまた困難になってしまうように思う。

差別・偏見は恐らく最初はちょっとした「異質」に対する驚きであったり、見かけに始まるいわれの無い小さな「優越感」といったものなのだろうが、それが積み重ねられ、一つの「概念」へと発展し、実際に形や行動に現れてくる事で不信を生んだりしながら定着してしまうのだと思う。
それが定着した時点では既にそこに定着してしまった事により、その「概念」に異を唱えるとその既成事実を前提としたシステムの中で様々な現実的な「実害」も発生し、それがまた一層その偏見や現実を「当然のもの」として正当化してしまうように思える。
いつのまにか定着したその概念は偏見を持つ事を当然に思わせてしまう「切実な現実」をも伴ってしまう。

「偏見」を無くす事はそもそもが「切実な現実」と向き合うことであり、「内面にある矛盾」との葛藤だと思う。


私も秀さんがしたような感情的過ちを自らが関わる偏見・差別に対して犯しかねない要素を努力の過程の「偽善性」の中に常に抱えている。
その「偽善性」に触れられる事は、その矛盾を当人が一番切実に感じているだけに辛いものだという事は白状しておきたい。

それが差別・偏見を無くしていく上で考慮されるべき事かどうかはそれぞれが判断する事ではあるが、そういうものが「ある」とい言うことを白状しておくのも無駄ではあるまいと思う。

|

« 我々が決める事 | トップページ | 法律とかルールとか倫理とか »

コメント

個人的にとても興味深いエントリでした。

異質に対するなんともいえない身動きの取れなさ。シンプルに怖いという感覚。これはやっぱり、自己の内では素直に受け入れておいたほうがよいように感じます。冷静でいられない自己を見つめることほど嫌なことはないのですが、これを最初から無理やり平準化するまで徹底的な内的な自己批判(自己防御?)を加えると少し危うい感じがしてきます。これは私の個人的な感覚に過ぎないかもしれませんが、下手をすれば自滅してしまいそうになるんです。理性による修正の効果は一律に即効性があるものではなく徐々に徐々に自然に蓄積されていくのがむしろ普通なのかもしれませんね。対外的な処理と内的な感覚とその間でゆらゆらしている不安定な価値観?志向?。それらがいかにも矛盾しているように見えても。。。うーん、なんていったらよいのでしょう。ある意味仕方がない部分もあって、、というといけないのかもしれませんが、ちょっと難しいですほんとに。

すいません、とりあえずの感想です。
機会があればまた考えてみます。
それでは。

投稿: shooting_stars | 2006/05/25 21:14

FAIRNESSさん、こんばんは。
偏見なく物事を見られるような境地のことを孔子は「耳順」と呼んだのではないか、と思っています。
しかし、それにしても「耳順」に至るのは難しい。「天命を知る」よりさらに上位にあるわけですからね。
>「偏見」を無くす事はそもそもが「切実な現実」と向き合うことであり、「内面にある矛盾」との葛藤だと思う
同感です。
偏見とは、喩えて云うと、「価値観の色ムラ」だと思っています。本来、どれもこれも皆平等なはずの価値観、均等な濃度でもってに塗り潰されるべきところに、技術の不足は不注意かはわかりませんけど、出来てしまった色ムラ。これを無くそうと思うならば、非常な鍛錬と集中力を要求されます。秀さんがなされているような、論理の刃を自らにむけて突き立てるような、そんな鍛錬。
いつも疑問に思うのですけど、果たしてそんな鍛錬をする必要があるのか。色ムラだって見ようによっては味になります。それでいいではないのか? そんなにムキになって均等に塗りつぶそうとしなくても、もう十分実用になる。これ以上は過剰品質だ。そんな些細な色ムラを気にしてのたうち回ることはない。ましてやそれを人に押付けるなど、とんでもない。よくそんなふうに思います。
けれどやはり、色ムラが気になって仕方がない。困ったものです。

投稿: 愚樵 | 2006/05/26 20:46

shooting_starsさん こんばんは
「矛盾」というと、なんか特別なものに見えてしまうのですが、ちょうど最後の部分でshooting_starsさんが書かれた

>うーん、なんていったらよいのでしょう。ある意味仕方がない部分もあって、、というといけないのかもしれませんが

という感覚のほうがむしろこの「矛盾」を伝えるにはピッタリな表現のような気もします。

「ここの部分に直接踏み込まないで分かってよ」って言うのがある意味で前回「別館」の方でshooting_starsさんと話した「空気を読む」であったり「あいまい」という事になるのかなぁなんて思います。
そして、ここで当事者という立場が「私」で、そこを割り切って「断」を下すのが「公」なのかななんていう連想もしてしまいます。
公私の区別をつけるということは「私」の持つ「当事者ゆえのためらい」と、当事者性をある程度棚に置いて断を下す「公」、そこにある非整合性を引き受けるようなものかなぁなんて感じです。

私は以前アメリカ人やカナダ人に「自分の事を棚に挙げる」傾向を感じた事があるのですが、この割り切り方の違いなのかなぁなんてこともついでに連想してました。
どちらかというと日本人は私と公の「整合性」に厳格で、だから公が私に引きずられたり、私が公に引きずられたりしがちなんじゃないか...とか。
shooting_starsさんも良くご存知のswan_slabさんが以前別の題材・別の表現で同じようなことを書いていたような気もしますが・・・(いつだったか今は思い出せませんが、覚えていませんか?)

ちょっと連想ゲームのような支離滅裂なコメントになってしまいましたが、感覚系の発想なのでその点はご容赦ください。

投稿: FAIRNESS | 2006/05/26 21:23

愚樵さん コメントありがとうございます。

「価値観の色ムラ」という表現はおもしろいですね。
ただ実際にどういうものかイメージすると結構難しい...

最初、価値観の多様性のようなものをイメージして考えてコメントを書いてみたのですが書いていてこりゃちょっと違うなと思ってもう一度考えてました。

主体から外を見たときに見える物の「価値付度合い」...見えるもの全てに対して常に同じ価値付けの強度を保つ事がムラを均一に塗りつぶす事、見えるものによって価値付けの強度が変ってしまう事がムラが残っている事...のようなものでしょうか?
この解釈が概ね正しければ、私がHNに使っているFAIRNESSもそれを厳密に求めれば塗りつぶす事を意味しそうです。(同意です 笑)


もし「偏見」を一般化するとしたら、多様性そのものも「偏見」の集まりだともいえると思います。
何しろ、それぞれが概念として世界を切り取ったり、それを選んだり、重み付け(価値付け)をしたりしているのだから、大いなる偏見だと思います。

ただ直感的には「価値観の多様性」(の強度)と一般的に言われる「偏見」の間には原理的ではない部分に違いがあるようにも思います。

例えば

そこに関心を向け、自らの価値観に照らし合わせてみればけして良いものであるとは結論付けられない(つまり良し悪しの価値観を共有している)にも関わらず、慣習的にそれが継続していて、自らも(知ってか知らずか)それに従っていて、それが結果的に人を虐げている

なんてケースのように「価値観の多様性」の中にあっても、ある共通する地平・レイヤーを括弧で括った中で問題として認識するのが一般に人が扱う「偏見」なのではないかと思います。

もし人が世界をそのまま受け入れることができ、概念として切り取って考えることを放棄できれば、そもそも人を虐げる事も、それはよくないとする事も無いと思うのですけれども、それができない「人」にとってはこうしながら矛盾を飲み込んで対処していくしかないのかなと思います。

秀さんの場合も共有する価値観(前提)があるにもかかわらず、そこから当然結論付けられるであろう所を結果的に歪めてしまったと感じた事に対する考察をしているのではないでしょうか。(推測に過ぎませんが)
もしそうなら、前提を共有している人に向けてその歪みの過程を開示する事は無駄ではないと思います。
それを何処まで厳しく追い求めるか、これはむしろ「価値観」(美意識)の問題(その価値観への重み付けが大きい、ムラ)なのかもしれません。
その地平・レイヤーとどまる限りはその姿勢も概ね無害なムラで、個性で、多様性で、味だともいえると思います。
ただこの辺は推測に推測を重ねているのでよく判りません。

「価値観の色ムラ」を正しく受け止めているかどうかちょっと自信が無いので、ピントはずれかもしれませんが(笑)、そのときはご容赦ください。

投稿: FAIRNESS | 2006/05/27 21:30

改めてその後の秀さんのエントリーやそこへの愚樵さんのコメントを読んでみたのですが↑コレはやはりピントがずれていたようです。

shooting_starsさんがちょうど書いてくださった
>平準化するまで徹底的な内的な自己批判(自己防御?)を加えると少し危うい感じがしてきます。
のようにそのまま解釈すれば良かったのですが、偏見・差別の問題に関してその時自分自身が考えていたことが頭に残っていて、知らず知らずに愚樵さんのコメントにそれをリンクさせてしまったのだと思います。

愚樵さんがいわれるように私も、もし論理で自らの「偏見」を無理やり「無くそう」とするならば破綻しそうな気がします。
もし、それができてしまったら、それができた人には表情がなくなりそうです。

秀さんには見つけた偏見のカケラと上手に付き合って行って欲しいですね。

投稿: FAIRNESS | 2006/05/28 07:54

こんにちは。

>いつだったか今は思い出せませんが、覚えていませんか?>

http://d.hatena.ne.jp/swan_slab/20000528/p1
にわりと近そうなものを並べてみました。
我が駄文をでたらめに並べてみると、相変わらずカオス的でげんなりです。

空気・曖昧という言葉が出ているので、ちょっと思いついたことを述べさせていただきますと、

その共同体の構成員を支配している黙示の社会規範(偏見や差別意識としてカテゴライズされているものも含む)というのは、自明性に埋没していることがほとんどだと思うんですね。
社会科学の役割は、実践的には、この自明性に風穴を開けて、戦略的に自明だった価値観を相対化する機能をもつように思います。つまりいくら”価値自由”といっても、社会批判という役割を否定することが出来ません。
例えば学歴社会の構造について社会学が詳密な分析を提示し、それによって私たちはそうか、私たちの社会はそのような社会だったのかと批判的に理解する。しかし、理性的に理解したからといって、学生はやっぱり従来の作法にのっとってエントリーシートを書くわけです。常識を疑うというスタンスを社会学から取得しても、結局、実践的には常識から一歩も離れることができないかもしれない。
ここにおそらく貴エントリで書かれている懊悩が生じるように思います。これは、私がしばしば引き合いにだすトマス・ジェファソンのように、高邁な思想をアメリカ独立宣言に注入しながらも、自らは奴隷を何百人も所有していた事実を思い起こすものでもあります。

しかし、相対化というプロセスを経ることによって、自らの消費選好をひとつも変更することができなかったとしても、少なくとも集合的な意思決定の場、公共的な関心事に持ち上げることができるかもしれない。
これは
>「自分の事を棚に挙げる」傾向
にダイレクトにつながってくることだろうと私は思います。

そのような公共のコミュニケーション空間を確保し、法(理想・正義)に対する強いコミットメントを置くことによって、アメリカ社会は発展してきたという印象を私は持っていまして、逆に言うと、自分のことを棚にあげて、互いに失敗をある程度許容しながら、あれこれ討議する空間が確保されなければ、なにひとつ現況をこえ出ることは出来ないだろう、という一種のコンセンサスのようなものがアメリカ社会にはあるのかもしれない、という気がしています。


それから、他方で、相対化するということは、あるひとつの視点からのみ物事を切り取っていることに無自覚になる危険、あるいは、ある集団を被差別集団として固定化されたアイデンティティとしてカテゴライズする、といったことのいわば観念の固定化も招来することにも注意が必要です。

そのことに焦点をあわせているのがおそらく
>これを最初から無理やり平準化するまで徹底的な内的な自己批判(自己防御?)を加えると少し危うい感じがしてきます。>shootingstarさんの言明なのだろうと私は理解しました。
私も同感なのですが、なぜこのようなことに注意を払わなければならないかというと、自明な規範の相対化というプロセスの過程で、じつは私たちの社会の根底にあって社会の潤滑油として機能しているような大切なものを切り落としている可能性があって、それについては、さらなる相対化のプロセスを経なければ理性的に把握できないからです。もちろん、そうした理論が語らなかった価値について直感することはありうる。この直感が存在する場合に、公共的意思決定の際に、どれだけ留保することができるか、という点に私は関心があります。


>価値観の色ムラという発想
これもまた興味深いお話で、私はこれを抽象的に理論的な体系のなかで考えようとするとおそらく失敗するだろうと思いました。

投稿: swans | 2006/05/28 18:16

こんにちは。
swansさんご自身からコメントいただけるとは思っていませんでした。
わざわざ過去記事を当たって戴いて恐縮してしまいます。

恐らく「個々人の矛盾する選考について」あたりが直接的には私がここで頭に浮かべていた記事だったと思います。
その頃swansさんの一連の記事で同様の概念が何度か示されていたので「これだ」とも言えませんが・・・

私は海外生活を通して感じたことを上の「棚に上げる」のような表現で何度かエントリーにとりあげていたのですが、ご覧の通りの感覚系なので、swanさんのエントリーに出合って、えらく感動したことを覚えています。

今回のコメントでも足りない部分を補足・修正していただきありがとうございます。

>他方で、相対化するということは......観念の固定化も招来することにも注意が必要
についてもその通りだと思います。

以前「責任と反省(3)」[ http://hellomate.tea-nifty.com/log001/2005/04/post_3a1f.html ]というエントリでは
>カナダやアメリカに住んでいた時に、ネイティブが自分の事を棚に上げ、臆面も無く正論をぶつけて来る彼らの姿に辟易し傲慢に思った事が多々あったが、実はこれがあるから何かを変えることも、再起する事もできるのだろうなと思う。
しかし、もう少し自戒が有ってもいいのではないかと思うのも日本人である私の本音である。

と書いたことがあるのですが、ここで感じた「傲慢さ」の正体も「自戒」を求めたくなる心情もそのあたりから来るものなのではないかと思います。
日本で問題になりがちな「変わらなさ」を考えるときは、どうしても文脈的にこの「棚に上げる」に肯定的にはなるのですが、これを書くときにはそのまま全面的に肯定することにいつも「躊躇」を感じます。

ところでshooting_starsさんの
>これを最初から無理やり平準化するまで徹底的な内的な自己批判(自己防御?)を加えると少し危うい感じがしてきます。
についてですが、
>下手をすれば自滅してしまいそうになるんです。
とあったので、私はそのまま、より内面的に
「解決しがたい苦悩によって、人の内面に問題を起こしかねない危うさ」
のようなもの、あるいはswanさんのエントリーにあったバークの言葉を借りれば
「裸の理性のほかは何も残さない」空虚な精神状態に陥る危うさ
のようなものとして受け取っていました。

>私たちの社会の根底にあって社会の潤滑油として機能しているような大切なものを切り落としている可能性
私はやっと最近この辺に気がついたばかりで、考えたり書いたりはしてみるのですが...そこまでです。

どうもうまく纏まりませんが、ブログに書いていながら、この分野については知らないことばかりなのでまた色々とご教授ください。

投稿: FAIRNESS | 2006/05/29 07:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31221/10233418

この記事へのトラックバック一覧です: 偏見:

» 水上勉を思い出す [瀬戸智子の枕草子]
昨日、FAIRNESSさんから「偏見」と言うタイトルのトラックバックを頂きました [続きを読む]

受信: 2006/05/26 18:26

« 我々が決める事 | トップページ | 法律とかルールとか倫理とか »