« 責任と反省(2) | トップページ | 利益優先 »

2005/04/27

責任と反省(3)

「そのとき何が一番大切か」の判断を適切にできる人はどれぐらいいるのだろう。
前回の責任や反省(2)を考えていてふと思った疑問だ。

よく犯罪者が小さな犯罪を隠したいが為に、さらに大きな犯罪に手を染めてしまう事が有る。
もっと身近でいえば一つの小さな嘘を守る為に大きな嘘をついてしまう事などは、大なり小なりたいていの人が経験する事だと思う。
小さな失敗とそれに伴う責任を表沙汰にしたくないが為に、より大きな失敗とより大きな失敗を招き入れてしまう事も有る。
これなどは組織に居れば目にしたり感じたりすることもあるだろう。
企業犯罪、官僚の腐敗などはこれにあたりそうだ。

時にそれは「必要悪」としてまかり通る事がある。
問題が起こるまでは周りから見てみぬふりをされることも有る。
暗黙の内に、それを察する事を要求される事もある。
それを自らの責任として黙って受け入れる事が社会人として必要な事であるかのように諭される事も有る。

そんな今の身近な現実の中でどれだけの人が適切な判断を下す事ができるのだろう。

「50歩100歩」という言葉がある。
50歩逃げるのも100歩逃げるのも「逃げる」事においては同じであるという概念だ。
これは自らの心がけとしては誠に良い格言だと思うのだが、これが他人に向けられるてしまうと、そうとも思えない時がある。

本来は間違いを犯さないように自らを戒める為の言葉であると思うのだが、一度間違いを犯してしまったなら、二度間違いを犯そうが三度間違いを犯そうが同じである、と受け取られる事がある。
あるいは
他人が多くの間違いをしていようとも、それを見て自らの少ない間違いを正当化してはいけないと戒める為の言葉であるとも思うのだが、普段「良い」といわれる事を実行している他人がたまたま間違いを犯したとき「幾ら普段善人ぶっていても所詮偽善でしかない。」と糾弾し、自らの数多い間違いを正当化するために使われてしまう事も多くなったように思う。
少ない間違いをもって偉ぶる姿も、間違いを正当化する姿もいずれもここで望まれる姿ではないはずだ。
前者は自らの間違いを一顧だにしない姿であり、後者は一部の齟齬でその全体を特徴付け、否定・糾弾してしまう理窟である。
少し違うが「憲法」や「国連」や「平和」や「現実」に関する肯定・批判をする時も構造的にこれに似たような理窟を目にする事がある。

以前書いた「迷惑」ということばも同じだと思うが、いつのまにか自らの戒めの言葉が他の非難・否定の言葉に成り下がってしまったような気がする。

人は間違いを起こす。
だからこそ、東洋的には、「その間違いをできうる限り起こさぬように」という知恵がこのような格言を生んだのだと思うがそれが現代のリアリズムと結びついて逆に作用してしまったような気がする。

(西欧的な)リアリズムの世界では「人は間違いを犯すもの」であり、それを「もともと罪深いのが人である」事を前提とすることで受け皿が用意され、許しを請うことで「今」以降の生き方をもって再起を可能としている。

「間違いを起こさないよう」に生み出された知恵が「人は間違いを犯すもの」を前提にするリアリズムに出会ってしまった時にこれをどう処理するかでねじれてしまったのかも知れない。
「間違いを犯してはいけない」事を基盤に「人は間違いを犯すもの」であるというリアリズムだけを受け入れなければいけないならばそこで「所詮人は...」に陥るのも無理はない。
しかし、それでは多くの人にとって再起の道は閉ざされ、再起できない状態を自業自得として受け入れる事が求められるだけだということになりはしないか。
間違いを大局にたって修正する事も難しい。

このように再起が閉ざされる中で、どれだけの(間違いを犯す)人がより正しい判断ができるのだろう。

カナダやアメリカに住んでいた時に、ネイティブが自分の事を棚に上げ、臆面も無く正論をぶつけて来る彼らの姿に辟易し傲慢に思った事が多々あったが、実はこれがあるから何かを変えることも、再起する事もできるのだろうなと思う。
しかし、もう少し自戒が有ってもいいのではないかと思うのも日本人である私の本音である。

折衷を得意とする日本人ならばもう少し上手にこれらを融合する事はできない物だろうか?
そうすれば「責任」とか「反省」とかも今よりも社会の為に有効に(隠蔽体質やモラルを克服して)働きそうな気がするのだが...
「悪人正機」はこれに近い物なのだろうか?

不勉強で無知な私もまた罪深い。

|

« 責任と反省(2) | トップページ | 利益優先 »

コメント

この事故についてはこれから真相が解明されてゆくでしょうが。。。
むかし国鉄で遵法闘争というのがありましたよね。ルールどおりに100%やったらダイヤが乱れに乱れて実質ストライキになってしまったという。
社会はルールと「いい加減な運用」のさじかげんでなんとかもっているようなものです。
バケツでウランを運んだ例もありましたが、事故が起きるまではそれが一番合理的というか、コスト削減と競争の中で生き残るためにはそれが適応的だったのでしょう。
JR関西の過密なダイヤグラムがなければ、1分弱の遅れに運転手がそこまでしゃかりきになることもなかったでしょうし、日常的にその種の「しゃかりき」さがあればこそダイアグラムがダイアグラムとして成立しているのですね。
そしてその過密さがあればこそ比較的低コストで大量輸送を実現しているわけです。
安全とコスト削減は反比例する、この矛盾の中で、しばしばこういう事件・事故がうかびあがりますね。
JCOしかり、雪印しかり。

投稿: standpoint1989 | 2005/04/27 15:12

FAIRNESS さん。
standpoint1989さん。
こんにちは。
私も、今日ブログに記事を書きました。
トラックバックさせていただいたので、ごらん下さい。
安全性とコストの追及が一番の原因ではと思うのですが、
「教育」の果たす役割も見逃してはいけないと思うのです。
企業の側も、働くもののほうも、安全に対して、しっかりと認識していません。
いろんな事故や災害があったとき「学者、識者」がテレビに登場。
しかし、今の教育の中ではこうしたプロも減っていきます。
これは、本当に憂えることです、、、
この事故から得る教訓は何か?
しっかりと見ていきたいものです。
では、、、

投稿: せとともこ | 2005/04/27 16:52

standpointさんお久しぶりです。
実は、他の方のBlogで拝見はしていたのですが...

>社会はルールと「いい加減な運用」のさじかげんでなんとかもっているようなものです。

standpointさんらしい視点と表現に懐かしさを感じました。

ルールは皆が共存するために共有する物を経験的に、論理的に概念化されたり明文化してできてくるのだと思いますが、形になった時点でどうしても抜け落ちる物があるような気がします。
私が法律やルールを考えるときのイメージはアナログのデジタル化です。
共通語として理解し易いように細部は切り捨て単純化していくようなイメージでしょうか。
トコトン細かく細切れにすればOriginalに近づける事ができても、そのものにはならない。
細切れにすればするほどもともとアナログな「人」が(能力的に)それに追いつかなくなる。
そして、切り捨てたところにも個々の人にとって無視できない物があって、アナログな「人」が逆にデジタル化されたシステムに反しながらこれを補っている。
こんなイメージです。

これはどちらかと言うと2次元的なイメージなので,実際にはこれに表裏が加わって多次元的になるので、あまり的確なイメージとはいえないのですが、こんな事が頭に浮かびます。
発展や積み上げによる複雑化や流動化が避けがたく、これを是とするならばどこまでも細切れを進めていかなければいけないと思うのですが、それに悲鳴をあげているのかもしれません。
現実的であるならば何を基準に切り捨てるかが問われるのでしょうが、切り捨てられるのが「人」であったなら私はやはりそれはどこかが違うのだと思います。

投稿: FAIRNESS | 2005/04/27 21:48

瀬戸さん こんばんは
一つ前のエントリーを瀬戸さんのひとつ前のエントリーにTBしようとしたのですがぼやぼやしていて瀬戸さんに先を越されてしまいました。

最近は教育部門に限らずプロとか専門家の影が薄くなって来てますよね。
必ずしもレベルが下がったと言うだけではなく、同じレベルの専門度を維持していても別の事で歪められたり多様性のあおりを受けたりして信頼が低下しているような気がします。
複雑な社会は分業で成り立っているのに夫々の分野の専門家の信頼が低下してしまうと本当に住みにくくなります。
(もちろん専門家というのは学術的なことに限りません)
誰もが全ての分野の専門家に匹敵する知識や知恵を会得する事ができれば「究極の自己責任社会」として社会が成り立つかもしれませんが、そこにはどう見ても限界があるので、他を信頼して任せる事がどうしても必要になると思うんですよね。
「他の専門的な詳細は判らなくても、人として大事な物を共有していると感じるから信頼できる。」
と言うような物でしょうか。
そのような共有する信頼がどこかに無ければ、なかなか安心して自分の知的好奇心を何かに専念させる事もプライドを持ってその役割を果たす事も難しいような気がします。
唯一知的好奇心をそそるのが「欲」を満たす「資本」だけでは発展は保障されてもそれにより生み出される膨大なエネルギーを制御できるとも思えないし、役割の不均衡による社会の齟齬も起こるだろうし。

現実的な対応として色々な分野の知識を豊富に持つ事が今の自己責任傾向に生き残るために必要な事ではあるのですが・・・難しいですね。(これ本音です)

投稿: FAIRNESS | 2005/04/27 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 責任と反省(3):

» 学ぶこと [瀬戸智子の枕草子]
列車事故が起きて三日目。 いまだ車内に取り残されている方々の懸命の救助活動。 併 [続きを読む]

受信: 2005/04/27 16:44

« 責任と反省(2) | トップページ | 利益優先 »