« 死んだ子の齢(よわい)を数える | トップページ | 過去の制約 »

2004/10/31

人の命

ここしばらく天災が続いた。
台風が連続して大きな被害をもたらし、それに追い討ちを掛けるように地震が起きた。
便利な社会が天災の前にあえなく分断される。
大事な人の命の喪失感、悲しみは何処に向ければいいのだろう。

台風が発生し上陸が予想される時にいつも思う事は、今普通に家族と暮らしている人の何人かがまた犠牲になるのだろうと言うこと。その人たちは自らが犠牲になる事などは夢にも思っていないはずだということ。
そして台風でも、地震でも天災が過ぎてみて、犠牲になった方たちが、その直前まで家族とどんな会話を交わし、どれだけ長い歴史を生き抜き、どれだけ多くの人と関わってその人たちに影響を与えてきたのだろうということを思う。
この世に生れ落ちて、大事に育てられ、周囲の人に幸せを与え、幸せを受け取り、傷つけ傷つけられながら過ごした歴史が一瞬にして終止符が打たれる。
なくなった方、一人一人に忘れがたい歴史があるはずだ。
生き残った家族にも同様の歴史が刻まれているはずだ。
直接被害を受けなかった私には「天災」であっても、被害者の方やその家族にとっては「人生」であり「命」そのものであるはずだ。

これはいつでも自分の身に起こっていてもおかしくない事であって、今私がその当事者でないのは単に運が良かっただけなのだ。

その一方で生きることに真摯に取り組み、協力し、分断された便利な社会に頼らずに立ち上がろうとする姿、1つの命の為に危険を顧みず救出しようとする姿、少しでもできる事をしようと支援の手を差し伸べようとする姿。
頭が下がる思いであると同時に、なんともいえない救いの思いがある。


こんな中で、ちょうど今、バグダッドで見つかった遺体が人質となった香田さんであった事が確認されたと報道している。
どんないきさつがあったにせよ同じように両親に愛され、歴史を負った人一人の命が奪われた。
大事に育てた困難にあっている子の無事を祈っていた両親に最悪の結果がもたらされてしまった。
またもや卑劣な誹謗を浴びせ、悲しみに追い討ちを掛けた者がいたというが、そのもの達は国民である以前に人であることを終に忘れてしまったのではないかと疑った方がいい。
政府は「このような卑劣極まりない行為はけして許されない。テロとの戦いは断固として続けていかなければいけない」といっていた。
テロと戦うのは良いが、そのやり方が同じような「歴史を背負った罪のないイラク人の命」を犠牲にする卑劣極まりない行為をいとわぬような物であるならば、それはテロとの戦いとは違う、全く的外れな言動である事を自覚してもいい頃だろう。
イラク戦争は、もはやその大儀を失い、その汚さは人々の目にさらされてしまっている。
戦う相手が歪められてしまっていることを白日の下にさらしてしまっているのだ。
その白々しさは、全くもって人の死を冒涜する物だという憤りのみが残る。
「人」であることを失った時、「国民」である事に何の意味があるのか?
そこに愛国も誇りもあるはずもない。

台風でなくなった方、地震でなくなった方、そしてイラクの犠牲者、パレスチナの犠牲者、ベスランの犠牲者、ダルフールの犠牲者、アメリカ兵の犠牲者、残念ながら香田さんも 命を落とされた全ての方のご冥福をお祈りします。

|

« 死んだ子の齢(よわい)を数える | トップページ | 過去の制約 »

コメント

こんにちは。
ついに、というかやはりというか畏れていた事態が起きました。
国はあさっりと、すっぱりと香田さんを切り捨てました。
香田さんを死に至らしめた刃はテロのものでなく、
我が国の物である気がします。
この事態は重く受け止めなければ、、、と思います。
いよいよ、危険信号が点滅しだしたのでしょうか?
ピコピコピコと。

投稿: せとともこ | 2004/11/01 14:33

瀬戸さん お久しぶりです。
この悲劇は政策の結果で、
それは前回の衆院選の結果で、
それは国民の投票の結果で、
それは国民のもつ意識の結果で、
私達一人一人の意識の結論なのでしょうね。
そのときから予想されながら、それを良しとして選択して今現実になった。
流れの中で麻痺しているから、重大事とも受け取れない。
今後も更に同様かそれ以上の事が予想されるのに、私達は、今それを見ないようにして、自分とは関係ない特殊で無謀なケースだった事として処理して先送りしようとしている。
彼は少なくとも真実に目を向けそれを知りたいと思った。
硬く目をつぶって、それに目を向ける事を拒もうとするものが自己正当化のために彼や家族を誹謗中傷する。
知りたくない彼の「思い」には目を向けず、批判できる「方法」にしか注目しない。
そんなにまでして、目をそむける事に安心を得なければいけないのでしょうか?
私達の繁栄は世界に「生かされている」事で築き上げられてきたものなのに経済大国であることに慣れてしまってその事を忘れている。
イラクでは戦争があってもイラク人は命の大事さを「軽視」はしていない。
アメリカ政府が戦争をしていてもアメリカ人が自国民の命を「軽視」はしていない。
世界のどこでどんな悲惨な事が起ころうと、同朋の死を「冷静に」無視し侮辱する感覚は異常ではないでしょうか?
どこかで世界は冷酷な現実のみで動いていると勘違いして、それを受け入れる事が現実的だと自らを戒めようとしている。
逆にいえば冷酷ではないからそれが利用されて戦争がおこるのに。
国に迷惑をかけたのは彼の行動ではなく、首相の言動。
国益を著しく損ねたのは彼ではなく、政府の姿勢。
現アメリカ政府の評価以外の海外から入る情報から目をそむけなければ現実はそういうことではないでしょうか?
彼の「すいません」という言葉や,家族の「イラクの平和を願っています。」という言葉が頭に残って、ちょっと感情的になっていますが許してください。

投稿: FAIRNESS | 2004/11/02 02:42

日本が軌道修正するには、
①小泉首相の退陣
②自衛隊早期撤退の表明(少なくとも12月延長しない)
でしょう。

投稿: n_ayada | 2004/11/03 01:42

ブッシュ大統領再選が濃厚となった事で,きっかけが厳しくなりそうですね。

投稿: FAIRNESS | 2004/11/04 01:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人の命:

» イラクの日本人人質事件、最悪の結果に… [tonetalk]
イラクの武装勢力に身柄を拘束され、安否が心配されていた日本人の若者が、遺体で発見された。 「香田さん、遺体で発見 首相は自衛隊の活動継続」(asahi.com)... [続きを読む]

受信: 2004/10/31 23:43

» 吐き気がする週末 [Passing Strangers]
 職場の連中と週末にやっているバドミントンへの行き帰りは、気分を変えるためにいつ [続きを読む]

受信: 2004/11/01 00:15

» 香田さん、亡くなる [FUKUHIROのブログ]
イラクでザルカウィ一派に拉致された香田証生さん は殺害され、首を切断された状態でバグダッドで 発見された。最悪の結果になってしまい残念である。 謹んでご冥福を... [続きを読む]

受信: 2004/11/01 04:09

» 迷える羊は見捨てられた [瀬戸智子の枕草子]
怒り、哀しみ、悔しさ、、、 いろんなものが混ざり合った思いで、今日はニュースを見 [続きを読む]

受信: 2004/11/01 14:27

» 悲しい結末。どう受け止めるべきだろうか。 [NOPOBLOG]
香田さんのご遺体が見つかったそうで、非常に残念です。 切断された首はアメリカの国旗に包まれていたそうです。 香田さんの死の恐怖を思うととても胸が痛みます。 ... [続きを読む]

受信: 2004/11/01 14:43

» 香田証生くんの告別式 [blog::TIAO]
福岡から八木山峠を越え飯塚に出て、バイパスで直方へ向かった。 頓野で告別式のある善光開館直方会場を探すので少し手間取り、到着したのときには告別式が始まったところ... [続きを読む]

受信: 2004/11/06 13:25

» 命の重さは同じです。(イラクでテロの犠牲者、香田証生さん) [月の記憶]
イラクで、テロの犠牲者が出ました。 日本では、自衛隊撤退の問題に発展していますが… 日本は、なんだか論点がずれている気がします。 以下、イスラエル... [続きを読む]

受信: 2004/11/08 09:37

« 死んだ子の齢(よわい)を数える | トップページ | 過去の制約 »