« なめられる国民 | トップページ | 古い自民党と社会党の集まり? »

2004/06/05

できてもしない事

誰しも人を憎む事がある、人を傷つけたり殺めたいと思う事もある。
しかし
爆弾を持っていればできるが、しない。
銃を持っていればできるが、しない。
刃物を持っていればできるが、しない。
金槌を持っていればできるが、しない。
少し大きめの石があればできるが、しない。

人が見ていなければ、誰もとがめる事はできない。
しかし
欲しいものがあれば盗む事はできるが、しない。
家に火をつけることもできるが、しない。
ごみを捨てる事はできるが、しない。
信号無視もできるが、しない。
レイプもできるが、しない。
囚人を虐待できるが、しない。

相手が自分よりも弱ければ、相手をどうにでもできる。
しかし
子供を殴る事もできるが、しない
いじめる事もできるが、しない。
絞る取る事はできても、しない。
無理強いする事はできるが、しない。


人は できる側、される側のいずれの立場にも立っているからしない。
できる事はたくさんあっても、しないから安心して暮らせる。
自由とか自己責任とは別の、その基盤になる「モラル」の問題である。
しかし「直面するものは違っても、人は必ずいずれの側にも立つことになる」
という非常にシンプルな物理にも似た法則すら認識する事ができなくなった。
「しないことができなくなった」社会で不安の中に暮らしている。


国会で過半数を占めればどんなに国民が反対しようと法案を通す事ができるが、しない。
これも同じく政治家の「モラル」ではないか?
「できる事だがしてはいけないこと」 をされる気持ちはたまらない。
される側に立ついい機会ではあるが、国の最高機関でのモラルの低さはいかんともしがたい。
この社会的な影響は計り知れない。

|

« なめられる国民 | トップページ | 古い自民党と社会党の集まり? »

コメント

こんばんは。
FAIRNESS さんの文章、読みながら、
なんだか切なくなりました、、、

本当に無力感、脱力感。

まぁ、でもここに「ちゅらさん」がいたら、
なんと言うかな??
なあ〜〜んて思いながら、「キロロ」を聞いています、、、
あ〜〜あ〜〜。
し・か・し・

まぁ、これで終わりではない。
サッカーもロスタイムでのどんでん返し。
あるぞ〜〜〜.!!!
なんだか、とりとめなくて、、、
今日はごめんね。
では。また。
おやすみなさあい。

投稿: せとともこ | 2004/06/05 20:12

せとさん こんばんは
憂鬱な気分にさせてしまったかもしれません。
すいません。
なかなか思うようには表現できなくていつも苦労します。
諦めたところで「人生は続いて行く」事に変わりないと無理やり言い聞かせています。
本当に小さな事でも「変えようと思えば変わるんだ」と思えるようなことを一つでも実感できればいいのですが。
昔、歴史の中でなぜ凶作の後に世が乱れ、世界恐慌の後に戦争がおこるのか頭で理解したつもりでいましたが、実際に不況の中にあって、我々自身が目の前の現実に振り回され、大局を見失っていく姿を目にしてやっとその一部を実感できたような気がします。
正体の見えない不安に気持ちの余裕を失っている。
いずれにしても、この時代の主人公は私たち自身なんですよね。

投稿: FAIRNESS | 2004/06/06 00:13

「世論調査で過半数が反対する法案を通すのは、一切許されない」とお考えですか?
それとも、年金改革関連法のように国民の関心の高いものは特別、ということかな。

投稿: ひでりん | 2004/06/08 10:11

ひでりんさん コメントありがとうございます。
「世論調査で過半数」と「一切」という言葉が入っているご質問ですので、このような制限下で言えば「そうは考えません」と言う答えになると思います。
「議会民主主義」の制度上「できる」ということは許されているという事です。
関心の高い物は特別と言う意味が良く分かりませんが、最近には珍しく、拮抗した立場の対立が少ない(多くの人が近い視点で考えることができる)問題ではないかとは思います。

投稿: FAIRNESS | 2004/06/08 14:33

ご返答ありがとうございます。
FAIRNESSさんとは政治信条はかなり違うように存じますが、
建設的な対話を求める気持ちは変わらないと思います。。。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: ひでりん | 2004/06/09 09:39

ひでりんさん こちらこそ宜しくお願いします。
立場が違っても、「すべてが違う」と枠にはめるのはおかしい。
何よりも「日本の将来」が良い方向に行って欲しいという「思い」は同じだと思います。
別のエントリーでも書きましたが、私は違う意見が存在しない民主主義などあるはずないと思っています。

投稿: FAIRNESS | 2004/06/09 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31221/715918

この記事へのトラックバック一覧です: できてもしない事:

» そういうものに わたしはなりたくない [瀬戸智子の枕草子]
雨にも負けて 風にも負けて 年金にも有事立法にも負けて 満身創痍の体で 家はなく [続きを読む]

受信: 2004/06/07 13:18

» ギャングの連帯感 [Passing Strangers]
 あの少女は、人の死というものをどう考えていたのだろう。いまどきの子どもとはいえ [続きを読む]

受信: 2004/06/08 04:56

» 事実の解釈について [数学屋のメガネ]
長崎の小学生による殺人事件について、様々の事実の報道がなされているが、その事実の解釈に対してはなかなか共感するようなものを見ない。想像を超えた事実が起こってしま... [続きを読む]

受信: 2004/06/08 10:43

« なめられる国民 | トップページ | 古い自民党と社会党の集まり? »